« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005-04-15

新『ドラえもん』

水田わさび版『ドラえもん』がスタートした。実質的には新番組といえる。

「声」の第一印象は、ドラえもん・ジャイアン・スネ夫はほぼ違和感なし。のび太としずかはやや雰囲気がちがうように感じた。そしてなによりものび太のママに大きな違和感を感じた。まあ、声はしょせんは慣れの問題だから、時間がたてば違和感も消えていくだろう。なお、絵にかんしては原作にかなり近くなり好感がもてる。「女子十二楽坊」によるオープニングはあまりいいとは思わなかった。

しばらく新スタッフらのお手並み拝見といきたいところだ。ただ、じぶんの子どものころからずっと楽しませてもらった大山のぶ代版『ドラえもん』のようには、水田わさび版に熱中することはないだろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-04-09

10億円のホームページ?

原発広報HPに3年10億円 エネ庁の「無駄遣い」指摘。 アホとしかいいようがない。こんな税金の無駄づかいは、絶対に許されてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005-04-06

2005-04-06(水)

またしても荷物整理に難渋。書籍のつみかさなったなかに生息するのは、学生という職業の宿命だろうが、それにしても何とかならないものか。もはやひろい部屋に引っ越さないと無理だなあ。でもあと1年は移れない、ここでがんばるしかない。

USB と PS/2、両方対応しているキーボードをさがしている。よけいなボタンはいらないから、ごくシンプルでとにかく手になじむのがいいのだが、そういうのはかえって無いのだろうか。

愛・地球博 に春休み中に行きたかったのだが、行けずじまい。ほかにも、金シャチが地上に下りている名古屋城や、ナゴヤドームも行きたかったけれど。

NHK・クローズアップ現代に「遺憾」申し入れ 都教委(アサヒ・コム)。これは「クローズアップ現代」がまともな内容だったということ。それにしても、都教委がわざわざ文句をつけるというのは、核心をつかれた内容だったからにほかならない。

ドラゴンズがまたしても奇跡的な逆転勝利。ことしの強さは普通じゃない。「野球は2アウトから」とはよくいったものだ。9回の代打はてっきり井上かと思ったら森野だった。その森野が同点3ランを放った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-04-05

2005-04-05(火)

白衣を注文した。白衣は完全に消耗品で、本職になったら常時10着ぐらいは手持ちに必要だろう。聴診器も1ランク上のものを買いたいと思っているが、お金がないので、これは就職するまでに。

「Current Medical Diagnosis & Treatment」も最新版を常備すべきだろうが、これは10月ごろに2006年版がでてから買うとしよう。

ところで、上のAmazonのリンクがノートンの「広告ブロック」にかかり手もとで表示されなかったが、"amazon"という文字列を「許可」に含めたら表示された。ほんとはなにがブロックの原因になっている突きとめたいところだが、不許可リストのなかから見いだすことができない。^^; さらに余談だが、2005-04-04 のは、ノートンに関係なく表示さていたのだからふしぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業試験

卒業試験の日程が発表された。ぜんぶで36科目。

9科目以上おとすと即留年らしい。それはそうと、追・再試験が1月に組まれているのでは、できの悪いものはますます国試が苦しくなるという悪循環だ。

III
13:00-14:3014:50-16:20
9月5日内科(循環器)内科(腎臓)
7日内科(消化器)内科(アレ、リウ)
9日内科(神経)内科(心療)
12日内科(血液)内科(呼吸器)
14日内科(糖尿)内科(老年病)
16日内科(感染症)内科(内分泌)
20日外科(I)外科(III)
22日外科(II)
25日胸部外科脳神経外科
27日整形外科

III
13:00-14:3014:50-16:20
11月28日公衆衛生産婦人科
30日小児科
12月2日精神医学
5日耳鼻科口腔外科
7日病理学各論
9日泌尿器科
12日皮膚科形成外科
14日眼科小児外科
16日放射線医学
19日麻酔学リハビリテーション学
21日輸血学臨床検査学
23日救急医学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-04-04

サービスに徹する時代

ここ半年ぐらいのあいだで、サービスがいいと感じたもの。

  • 見学に行った某診療所……完全予約制、きれいな設備。もちろんていねいな診察と、患者の立場にたった診断と治療
  • NECダイレクト……1度買っただけだが、商品到着後のメールにいたるまで完璧だった。さすがサポートNo. 1といわれるだけある。もちろん商品じたいも
  • Amazon.com……いつも使っているのは優秀だからこそ

逆に、サービスが悪いと感じているもの。

  • 大学の教務係……個人情報流出事件を起こされた。ありきたりの証明書1枚もらうのに、催促して半月もかかった。もともと機能しているといえないぐらいの最悪さ。
  • 大学病院……全体にサービス業としての視点は欠けているだろう。とくに、救急外来で、受付事務の手配の悪さで(待っている患者数が多いわけでもないのに)患者をまたせすぎるのはひどいと思った。
  • 某有名研修病院……研修医への指導体制はすごいが、患者へのサービスはいま一歩と思った。
  • ナゴヤドーム……ただし、ことしはサービスを良くしようとがんばっているようだ
  • ASA……いま住んでいるところは劣悪。配達時間は遅いし、請求金額を何度もまちがえられた。以前に住んでいたところのASAはとても優秀だったから、その販売店ごとのやる気の差に依存するようだ
  • 宅配便……自分の経験では、10〜20回ぐらいに1回は悪く、どの業者も似たり寄ったり。インターネットで集荷を頼んだら見落とされていたとか、配達時間の朝と夜をまちがえられたとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-04-04(月)

「2005-04-04(月)」のようにだけせめて書いておけば、あとからでも日記を書き足せる。

↑ということに気がついた。が、やっぱり面倒ではある。なんとかならないものか。

『ワシントンマニュアル 第10版』(日本語版)が最近でたようだ。たしか3年おきの改訂だから、いま買っておくべし。

ここ数日、呼吸器内科の勉強をしているが、なかなか終わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-04-03

2005-04-03

2005-04-03 Sun. ひさしぶりにクルマの運転をする。走るのは問題なくできる。バックの勘がにぶっていた。

なぜか日付スタンプを買う。これでいちいち日付を手書きする手間がはぶけるというもの!?(日付を書くのぐらいたいした手間じゃないが)

アスクル で↓のファイル類を適当に注文してみた。

2005-04-02 Sat. 従来の日記ページをやめて、このブログに一本化しようと考えている。ココログは過去の日付で書けないのが、ちょっと難点か。それに手書きHTMLほどの圧倒的な自由度はやはりない。迷い中。998円/月プラスして「ココログプロ」にしないと、HTML/CSSは手が入れられないようだ(そこまでする意味があるとは思えぬ)。

膨大なプリント類を整理するため、どんなファイルやフォルダ・ケース・ボックスをつかうといいのか模索中。願わくはスキャナーで取り込んでしまうのが理想だろうが、いまさら過去の分をそうするのはあまりに現実性を欠く。こういう事務整理的なところを相当くふうしないと、むかしのようにがむしゃらに勉強するだけではもう処理しきれなくなってきている。(ちなみに、パソコンのなかの「フォルダ」だけは、自慢ではないけれどよく整理されていると思う。)

連夜のサヨナラホームラン! 高橋光が、大魔神・佐々木から逆転サヨナラ弾。この2戦に、すでにことしのドラゴンズの勝負運が集約されているといったら言い過ぎだろうか。日本シリーズがおわってこの1年間を振り返るとき、きっとこの2夜連発のサヨナラが語り草になるにちがいあるまい。

2005-04-01 Fri. 形式上は6年生になった。1年後のきょうは、順調にいけば、ふたたび社会人としての第一歩を踏み出しているはず。……と思ったら、来年の4月1日は土曜日なので、3日からのスタートかも知れない。

開幕戦はいきなり、アレックスがサヨナラ満塁ホームラン! ニュースではカットされているが、いちばんの醍醐味はファウルを打ちまくっていたあいだにあった。13球目をホームランしたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-04-01

6年生

日付が変わって4月となり、いちおう「6年生」となった。小学6年生いらいの2度目の「6年生」であるのだが、何年ぶりかと数えてみたら……(ひみつ)。

ふつうのやり方では、もう若いひとたちについていけないから、勉強のしかたなどはくふうしないといけない。今年度はふたたび試験の多い1年なのだから。

さらに就職した後のこともみすえて、準備をととのえていく必要がある。たとえばメモをどんなふうにとるべきだとか、どんなツールを使ったらいいのか、などなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »