« 2005年4月 | トップページ | 2005年7月 »

2005-05-05

おおそうじ

おおそうじ(1) おおそうじ(2)

このゴールデンウイークは、実家のかたづけだけでほとんどつぶれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Firefox 1.0.3

Firefox を 1.0.2 から 1.0.3 に更新したところ、動作しなくなった。こういうことじたいは今までにもよくあったけれど、今回は原因をつきとめるのに、さんざん苦労した。またいつもより深刻で、Windows の再起動が異様に遅くなったり、しかたなく強制終了しなければならなくなった。Firefox のインストール・アンインストールは5回以上やったし、旧バージョンにもどしたりしてみてもだめ。

けっきょく Norton のファイアウォールがいたずらしていたらしい。これだけならよくある話だが、Norton Internet Security の「プログラム制御」の変更画面でなぜかフリーズをくりかえていた。最終的に、手動で Firefox を「許可」プログラムとして追加したら、なんとか動くようになった(違いがわからないけれど、自動設定されるものはどういうわけか失敗をくりかえした)。

こんなことで5時間ちかく浪費してしまった。ことしのゴールデンウイークはこんなで終わってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今は昔の数学書(2)

きのう書いた数学書のリストをあらためて(きのうのは画像がきてなかった)。これらはおもに1994〜1995年度につかった教科書たちだが、たぶん半分も読破していないもばかり。ただ、今からして思うと、そもそももっていた本が少なすぎたと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-05-04

今は昔の数学書

きょう段ボールに詰めこんだ数学書のリスト――。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-05-02

広辞苑第一版

実家の物置をかたづけていたら、新村出編『広辞苑』(岩波書店)の「第一版」がでてきた。発行は1955年で、価格は2000円とある。

あらためて痛感したのだが、わが国の組版技術は当時にしてすでに天下一品であった。いやもっというなら、当時こそ天下一品の組版がなされていたのだ。

昨今の出版物は、コンピューターの恩恵でしろうとがDTPをやることが増えた。それはそれで時代の流れと思うが、結果的に組版のなっていない本だらけになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たしかに無断転載だけれど

入試の「赤本」真っ青?著作権クレーム 損害賠償訴訟(アサヒ・コム)。入試の過去問題集というのは、問題はあくまで引用(従)であって、それに対する解説が本編(主)なのだ――という見解を以前にどこかで読んだこともある。(なお、入試問題での著作物の使用じたいは著作権法で明快に認められている。これは当然だろう)

著作者たちの立場からみれば、「赤本」などはなるほど無断転載にあたるのかも知れない。かれらの主張も一理あるだろう。しかし、あまりに懐がせますぎると思う。入試問題をとおして初めて知った著者がいて、受験生はじっさいにその著者の本を探して読むことはけっこうあるのである。私の場合、かつてセンター試験で出題された「アカシヤの大連」は、小説の美しさにひかれて全文をもとめた。

だから、今回のような著作者たちは、そんな読者獲得の場をみずから放棄しているようなもので、じつに大きな損していると思う。私のようなひねくれた受験生なら、そういう著者の名前は強く記憶にとどめ、こんご断じて読まぬようにすらするかも知れないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年7月 »