« 教員免許 | トップページ | 東大医学部生、覚せい剤容疑 »

2005-10-22

映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」

「ドラえもん のび太の恐竜2006」は、来年3月に劇場公開予定の作品である。ドラえもん映画では第26作目にあたるが、新しい“わさドラ”(注)としては第1作である。

「のび太の恐竜」はよく知られているように1980年の映画第1作。同じ作品を、“わさドラ”映画の第1作にももってきた。『ドラえもん』の最高傑作ともいうべき「のび太の恐竜」を、もういちどやってみようという原点回帰の発想はとてもいいと思う。この4月からのテレビ版“わさドラ”は、ストーリーも作画も原作にかなり忠実なのだ。

ところが、昨日のテレビ特番のなかで流された映像をみると、その方向性に疑問を感じざるをえなかった。ストーリーに原作と変更があるかどうかは不明だが、作画にかんしてはふだんの“わさドラ”とおおきく違っている。髪の毛のゆれや、ドラえもんの歯ぐき、異様にリアルなのび太の家など、たしかに絵はすごいと感じた。ただ、それが『ドラえもん』らしさといえば違うような気もする。すくなくとも、ぼくはああいうドラえもんは好きではない。

もっとも、これから数年は新しい「映画ドラえもん」を創りあげ、定着させる時期でもあるはずだ。どういうスタイルが時代の要請にあっているかは、正直なところわからない。ともかく、原作や“大山ドラ”同様、ながく愛される作品になってほしいものである。

[注] 新しいドラえもんの声優・水田わさびさんにちなんで、2005年4月からのアニメは“わさドラ”とよばれることがある。

|

« 教員免許 | トップページ | 東大医学部生、覚せい剤容疑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13571/6513206

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」:

» さようならドラえもん(のうた) [後悔日誌]
 まず『ケロロ軍曹』。毎回“知ってる人は知っている”ネタが多いが、今日は『ど根性ガエル』のような、『美鳥の日々』のような…。ゲストが中原麻衣さんって……。  それはともかく、お久しぶりの『ドラえもん』スペシャル(特にタイトルはなし)。  今まであるようで、実は初めての試みである2パート作品の2本立て。  「昔はよかった」・「宝星」とも、ちょうど良い長さと言えようか。  「宝星」は先代でもスペシャル... [続きを読む]

受信: 2005-10-23 01:06

« 教員免許 | トップページ | 東大医学部生、覚せい剤容疑 »