« 裏世界に迷い込んで、 | トップページ | 光ファイバー接続開始 »

2006-05-26

代ゼミ、青チョークを使用禁止

最大手予備校の代々木ゼミナールが、授業で使用するチョークを白・黄・赤・橙(茶)の4色に制限し、青・緑・紫は全校舎いっせいに回収したという。この予備校はいまもむかしも、こういう傑作的な、しかしどうでもいいような話題を提供して楽しませてくれる。

禁止の理由はいわれているところによれば、授業を視察した理事長の鶴の一声らしい。禁止した色は「見にくい」、それだけが理由のようだ。しかし、生徒から「見にくい」という苦情がとくに多かったわけでもない。むしろ生徒には不都合だろうとすら思う。

受験生の経験も学習塾講師の経験もともにけっこうあるぼくにひとこと言わせてもらうなら、色の数はべつに4色でかまわないとしても、青の禁止は解せない。理科の授業でリトマス紙の説明すらできなくなってしまうではないか。動脈血と静脈血を赤と青でかきわけるのも、ごくふつうの板書のしかただ。ノートをとる生徒の側としても、赤と青は使いやすい。

いっぽう黄や橙は、黒板ではもっとも見やすい色だろう。しかし黄と橙は似かよった色どうしだから、両者を区別するのは、教師の側も生徒の側もそんなに利点があるとは思えない。なお、赤と青は黒板では見えにくい部類の色で、とくに赤は見にくいときが多い。

|

« 裏世界に迷い込んで、 | トップページ | 光ファイバー接続開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13571/10253485

この記事へのトラックバック一覧です: 代ゼミ、青チョークを使用禁止:

« 裏世界に迷い込んで、 | トップページ | 光ファイバー接続開始 »