« フィットネス | トップページ | ブログの優先順位 »

2006-05-09

ドラゴンズ、最悪の負け

交流戦の初戦、ドラゴンズは最悪の負け方――。ことしも交流戦は気がかりだなあ。

先発・川上は9回を3安打2失点。失点した2回裏と7回裏以外はすべて三者凡退に抑える好投だった。ふつうなら必勝の試合である。

しかし、

  • 5回表、1死二、三塁から得点できず
  • 6回表、1死二、三塁から二塁打が出たが、二塁走者はかえれずに1点止まり
  • 7回表、無死一塁から得点できず
  • 8回表、1死二、三塁から得点できず
  • 9回表、1死一塁から得点できず
  • 10回表、無死一、二塁から得点できず

というような流れでは、勝てるはずがない。こんなにもチャンスがありながら全て逃してしまったのだ。

つい先日、これと似たような負け方を自ら喫している身としては、おぼえずそれに重ねて見てしまった。こういうとき、ミスした原因を冷静に分析しておくことは大切なのだろうが、どうしてもむなしさの方が強く残る。なぜ上記のなかの1カ所でいいから得点できなかったのかと。あと1点だけ取っていたら、川上の調子からして勝てていただろうと……。

さいわいプロ野球は明日も試合がある。負けてもすぐに次があるのは、いい世界だなと思う。

|

« フィットネス | トップページ | ブログの優先順位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13571/9995506

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンズ、最悪の負け:

« フィットネス | トップページ | ブログの優先順位 »